足立区の美容室ブログです☆
美容室好きな人集まれ??!!<着付け・エクステ・ドレッド・縮毛矯正・ストレート・カラー・パーマ・カット・アップ・シャンプー・トリートメント>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
らしいよ
厚生労働省は今年度から始めた子宮頸(けい)がんと乳がんの無料検診を、来年度以降も継続する方針を固めた。対象年齢が限定されているため、単年度事業では不公平が生じるとの意見が出ているためで、平成22年度予算概算要求に約210億円を盛り込む。

 無料検診は検診の受診率アップの起爆剤として、がん対策の当初予算237億円と同程度の216億円を補正予算で組み込んだがん対策の目玉事業。

 対象の女性約850万人に、各自治体からクーポン券と検診手帳が配られ、500?1500円程度かかる検診が無料となる。対象は「子宮がん」が20、25、30、35、40歳。「乳がん」が40、45、50、55、60歳。

 6月26日に鳥取市が全国に先駆けて配布を始めたのを皮切りに、準備が整い次第、全国の各自治体でも始まる。

 単年度事業として始まったが、対象年齢を5歳ずつ区切ったため、「最低5年は継続しないと不公平」などとの指摘が当初から寄せられていた。舛添要一厚労相も「良い制度は検証したうえで恒久化させていく努力をすべきだ」と継続の意向を示していた。

 19年に閣議決定された「がん対策推進基本計画」では、がん検診の受診率を5年以内に50%とする目標を設定。しかし、両がんの19年の受診率は約20%で、他のがんと比べても低い。厚労省がん対策推進室は「がん治療には早期発見がとても有効。検診受診のきっかけになってもらえれば」と呼びかけている


やっぱ
みんな
ガンは恐いよねー
わたしも
気をつけて
検診
いかなきゃ
いけないわ

><

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。